« CH1月号発売中 | トップページ | 憧れのキタシンチ »

クリスマスのふつう

クリスマスと言えば、

ニッポン放送ほかNRN系のAMラジオ局が共同で行うチャリティーラジオ番組、

「ラジオチャリティー・ミュージックソン」の放送日。

24日の正午から25日の正午まで、まる24時間生放送。

サラリーマン時代は毎年このお仕事が私にとってのクリスマスでした。

24時間眠れないのは我慢できます。

問題はワタシの地元。

福島県。

東北です。

当然、雪が降ったりもします。

入社が決まったその年は研修を兼ねて

街頭で募金活動のお手伝いを一晩中しました。

かなり寒かった。

寒いのが超ダメなワタシが街頭一晩中って。

 

恋人たちのムードを高めるホワイトクリスマスの雪ですが、

番組に参加してくださる方の足が遠ざかってしまって、

そうなると仕事のテンションもガタ落ちなので辛かった。

でも街頭一晩中募金活動してたワタシたちの前で、

あったか~い雰囲気でキスしてるカップルを見る方がキツかったかも。

こっちはシゴトなんだよシゴト!と心の中で毒づいたもん。

なので25日の夜は仕事終わりで精根尽きはて、

倒れるように爆睡。

 

そんなクリスマスが続いた会社員を辞め、はや数年。

あんなに「普通のクリスマス」を過ごしたい、と思っていたのに

いまやイブも25日も特に何をするでもなく

普段と変わらず過しています。

こっちの「ふつう」を夢見てたんじゃないんだけどなぁ。

Mソンが終わった時の感動や充実感がちょっとばかり恋しくなります。

 

今年も「Mソン」に携ったみなさま、本当にお疲れさまでした!!!

みなさんは素敵なクリスマスを過ごせましたか?

 

Ca390033_9

部屋だけでもメリークリスマス!!!

 

|

« CH1月号発売中 | トップページ | 憧れのキタシンチ »

日々あれこれ」カテゴリの記事

コメント

まさにその当時、ボランティアとして西村さんと共に募金を呼び掛けてた私が来ましたよ。
今はなき「コルニエツタヤ」前でしたよね。うんうんいましたね〜、カップルども...もとい方々が。
西村さんに「あなたたち、(クリスマスなのに)ほかにすることないの〜?」と毒づかれたのもイイ思い出です。アナウンサーっぽくないその気さくさが嬉しくて、寒空の下でも頑張ることができました。受付終了後にツタヤ1階のミスドで飲んだ暖かいコーヒーの美味しかったこと!
たまたまこのブログを見て、今も元気に活躍されていることを知りました。たまには福島にも帰ってきてくださいよ。一軒目の飲み代くらいなら面倒みますから(*^_^*)
長文失礼しました、これからの活躍に期待してます。それでは!

P.S.今年もボランティアとして参加しました。また西村さんに突っ込まれそうですね。今では自分のライフワークと思っています。

投稿: SONIC! | 2007年12月31日 (月) 00時27分

こんにちは。某掲示板で改名して活動していることを
知りました。当時聞いていましたよ。rfc。番組は違いますが
郡山のスケート場に中継があって行ったのですが、なかなかリンクから出てこないのであきらめて帰ったことがあります。
でも西村実加さんといえば 「おまかせワイド」、「おかえりなさいラジオ福島です」ですね。「おかえり」の中の「ガンジー武彦の昔はよかった」ですね。手元のテープ聞いてみると
 1995・3/18、3/29 懐かしいラジオネーム
「パパチン」のFAX読んでますよ。
♪こんな時代もあったねと~♪という感じです。

では よいお年を。

投稿: キングボンビ~(古!) | 2007年12月29日 (土) 11時28分

実花さんメリークリスマスでした。
僕も普通に仕事して終わりました。
毎年なのでもう寂しくは思わないけどいまだにケンタッキーのチキンには心が揺れます(笑)

アナウンサー時代も見たかったなー。
街頭にいたら迷わず募金するのに!


投稿: ad | 2007年12月27日 (木) 00時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CH1月号発売中 | トップページ | 憧れのキタシンチ »