« 素敵なトークショー | トップページ | 稲妻フェスティバル2008 »

クラブハーレー100号です♪

Ca3a0441_4

今月の「クラブ・ハーレー」は記念すべき100号!!

もう読んでいただけましたでしょうか?

手にした瞬間思わず、中古車情報誌かよ!と

ツッコんでしまうほどのブ厚さ。

これはもちろん充実した内容とスペシャルな企画満載だから。

編集長ジャック氏はじめ、編集部のみなさんも

この記念号のために日々会議を重ね、

いつもに増して全国を飛び回って取材をされたようで、

そうした情熱とご苦労が誌面から溢れています。

 

そして恥ずかしながら私の連載もなんとスペシャル~shine

いつもはモノクロ1ページですが、

今回はカラーで見開きです!

50回越えにして初カラー!happy02

いつもマイオレンジはHD神戸さんにお世話になっているのですが、 

今回取材でおじゃましたのは、ハーレーのカスタムショップとして

有名なトランプサイクルさん。

代表の長岡氏のお話は終始驚きの連続でした。

Pict0005_2

「へぇ…」とか「はぁ…」ばっかり言ってた取材風景

とにかくバイクについて、聞けば聞くほど知らないことばかり。

ってゆーか

「それって誰が教えてくれるの?」

「知らないままの人も多いのではないの?」

と言った疑問のうえに、次から次へと疑問が重なっていく。

でも知ってしまったからにはどうにかしたいじゃん!!

乗るからにはやっぱり快適に

『自分仕様』にしたいじゃないのさ。

 

自分の何に対してどういう処置を優先させたいかを話して、

意見を聞いて、悩んで迷って…。

とにかくどうにか方向性を見つけたいと思いました。

マイオレンジをミカスペシャルにしていきたいなぁcatface

    

数時間の取材でしたが、

カスタムにハマッていく人の気持ちが分かった気がしました。

あとは……ハマれるだけの潤沢な予算が欲しい。゜゜(´□`。)°゜。

Pict0021

左からカメラマンの箱崎さん、編集部佐藤さん、私の隣がトランプ代表長岡氏

 

 

|

« 素敵なトークショー | トップページ | 稲妻フェスティバル2008 »

ライダーミカ」カテゴリの記事

コメント

あらー 今日のミカさん、ワイルドねぇ~
思わず惚れちゃいそうです><
いえいえ、とうの昔から惚れてますよん♪
ミカスペシャルになったオレンジさんを見てみたいheart01

投稿: momo | 2008年10月28日 (火) 21時14分

見ましたよ100号!
実花さんカラーで見たほうがやっぱりいいです~shine
でも今は稲妻で実物の実花さんに逢えるのが何よりも楽しみ~shineshine
気を付けて来て下さいね!

投稿: 883ガール、 | 2008年10月24日 (金) 11時39分

ブログ見ました。

CH100号買いました。
my883カスタムしました。
今度見てください。

それではまた。

投稿: カッきゃん。 | 2008年10月23日 (木) 21時13分

こんばんわ。

西村さん
いつもは拝見させていただいておりまます。
クラブハーレーの記事で気になったのですが、
バイクのセッティングで迷ったら、ノーマルの状態に
戻すのが原則です。

ぜひ一度ノーマルのリアサスペンションに戻して、
883Rのノーマルの状態で乗ってみてください。

ノーマルの状態で不満や不便を感じた所を変更(改造)
した方が「マイオレンジ」を嫌いになりませんよ。


投稿: 036 | 2008年10月23日 (木) 19時41分

見ましたよeye100号。
トランプさんに行ってましたね。
取材なんてうらやましいッス。

ほんと、分厚い...happy01
見ごたえ抜群。

カスタムって色々な切り口があって奥深..。
乗り味重視、スタイル重視、ets。
自分に合わせたり、myスポに自分を合わせたり..。

考えてると幸せheart02さあ、お次わ何をどうしようconfident

投稿: mako | 2008年10月23日 (木) 15時05分

たった今見たところ♪
分厚いっ!重いっっ!!
読みごたえ十分ですね

私もサス変えたんです
Nの純正サスはLOWよりも更に10センチ低くて峠ではガリガリするしロングでは足余ってつるし(笑)

Sのサスお譲り頂いたおかげでかなり楽になりましたよ

まだまだ乗りやすいスポには程遠いのでゆっくり検討しながらカスタムできたらいいなって思っています

しかしカスタム代…お財布に優しくないよね(笑)

投稿: らび* | 2008年10月23日 (木) 11時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 素敵なトークショー | トップページ | 稲妻フェスティバル2008 »