« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

AWF開催されます

Photo_2

今月号のクラブハーレーです。

いつもよりちょっとボリュームがあるので寝転んで読むと手が疲れます(笑)

あらためてハーレーって、

カスタムパーツも豊富だし、ライディングウェアも幅広いし、

“バイクと自分”みたいな部分を演出できて、

楽しみ方がいろいろですよね。

              

さて大阪では今週末、そんな楽しみを倍増させてくれるイベントが。

「アメリカン・ワールド・フェスタin大阪」

住之江区のATC前特設会場で行われます!!

お隣の会場では「大阪モーターサイクルショー」が開催されています。

南港がバイクファンでいっぱいになりますね~happy02

  

そして今回は「クラブハーレー」もアメフェスに登場します。

編集長の松島親方はじめ、編集部全員で参戦!!

私も21日(日)にブースにてご一緒させて頂きますhappy01

ステージでは「ハーレーアウトドア講座」を

①12:00~と②14:30~で予定しています。

良かったら見にきてくださいね。

  

このイベントは入場無料だけどお楽しみはいっぱいheart04

ハーレーに興味がある大人も、興味はないけど連れて来られるお子さんも

実はみんなで一日たっぷり楽しんでいただけますよ。 おみやげも素敵!

 

クラブハーレー読者のみなさま、会場ではぜひ声をかけて下さい~ wink

Awf_osaka_main_3 

天気になれ~sun

| | コメント (8)

「しあわせの隠れ場所」

Photo_2

素敵な作品をご紹介できて幸せです

 

全国で公開中の映画「しあわせの隠れ場所

アメリカンフットボールリーグNFLの選手、マイケル・オアー氏の

波乱の半生と家族の物語を描いた作品です。

公開に先立ち行われた試写会も超満員でした。

 

原題「THE BLIND SIDE」は死角や盲点、弱点という意味ですが、

アメフト的な意味だけではなく

自らの家族や才能、そして人生に関わる周囲の偏見や差別など、

物語の中には様々な「ブラインドサイド」が出てきます。

 

この作品は実話の映画化で、マイケル・オアー氏も実在の方なので、

主演のサンドラ・ブロックなど俳優さんたちは

“人物像の正確な表現”に苦心したみたいです。

エンドロールで劇中登場するそれぞれ「ご本人」の写真が流れます。

その見た目までも『こだわった感』をチェックするのも楽しいかも!

              

私はヘコんだり元気がなくなると、きまって「エリン・ブロコビッチ」を

観て自分にカツを入れるのですが、

この作品も気合を入れ直すときの大切な1本になりそうですhappy01

  

奇跡の実話を丁寧に描いた「しあわせの隠れ場所

人が人を思う暖かさや美しさを感じられる作品ですよ。

| | コメント (5)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »