お仕事ですよ

児童虐待をなくすために

G1_2

   

先月「児童虐待防止」のため、関係機関の連携を目的とした

『児童虐待防止研究集会』の司会をさせていただきました。

 

花園大学社会福祉学部教授、津崎哲郎先生の講演や

連絡会議に参画する皆さんのパネルディスカッションなど

“児童虐待をどうにか本気でなくしていきたい!”という思いが詰まった時間でした。

 

メディアからも幾度となく聞こえてくる悲しいニュース。

ネグレクトの抱える問題はとても大きい。

聞くたび、考えるたび胸が締め付けられる思いです。

 

打ち合わせの時に聞いた

オムツを1日1枚だけで過ごしていた子のお話や、

虐待された子どもへの心のケア、

児童虐待の親子への見守りや支援の仕方などなど。

たくさんのお話の中から見えてくる現実や問題を感じました。

 

「児童虐待をなくそう!」

言葉にするのは簡単と思わるかもしれません。

それでも、

難しいことに取り組んでいくにも、やっぱり〝言葉〟が必要なのだと

感じずにはいられません。

 

関係機関の皆さんも、声を発し続けようとしています。

私たち全員が諦めなければ、少しづつでも問題解決へ向かうはずだと信じたい!!

 

どこからか聞こえるSOSはきっと小さな声でしょう。

そして声にすらならないような小さな息づかいもあるはず。

注意深く意識を向けながら

私も言葉を伝え続けようと思います。

| | コメント (2)

『クラウド・アトラス』

C_2

観終わって色々な視点から感想を話し合える作品かも。

 

「マトリックス」3部作で監督を務めたウォシャウスキー姉弟と

「ラン・ローラ・ラン」の監督、トム・ティクバの3人がタッグを組み、

他に2つと存在せず、誰もが幾度も繰り返し観たくなるような

破格の世界観を持つ作品を生み出したい…と映画化したのが

この「クラウド・アトラス

 

異なる時間と時代を舞台に

一見バラバラに見える6つの物語が複雑に絡み合い

時空を超えて沢山のメッセージが受け継がれていく物語です。

 

ウォシャウスキーが描くふたりならではの〝未来〟を含め、

それぞれのストーリーごとの映像の美しさや、

トム・ハンクスやハル・ベリーをはじめとした豪華なキャストたちが

各時代ごとに異なる人種や性別を演じているのも見どころのひとつですよ。

エンドロールで誰が何を演じたのか分かるので最後まで観てくださいねhappy01

 

時空を超えた沢山の〝愛〟と〝魂〟の運命が描かれた2時56分。

私としては

この作品も3部作くらいで観てみたかったな。

 

現在、全国ロードショー中です。

| | コメント (0)

「リゾーリ&アイルズ」DVD発売記念!

R

ドラマとは違いプライベートではかなりイケてるふたり

現在全米ではシーズン4が放映中のドラマ

リゾーリ&アイルズ

男勝りで負けず嫌いの女性刑事リゾーリと

才色兼備なのに少し変わり者の主任検視官アイルズ。

この性格も行動も正反対の二人が反発したり協力したりしながら

凶悪事件を解決していくクライムサスペンス。

 

先日、DVDファーストシーズンのリリースを記念して

シネマスクリーンでの上映会がおこなわれました。

サスペンスとしてのおもしろさはモチロンなのですが

リゾーリとアイルズの女性同士ならではの会話も人気のひとつなんだと思います。

お互いの欠点も笑いにしあえる仲って実はかなり貴重なんですよね。

 

そしてもうひとつ、同じ年代の彼女たちの洋服の着こなし感が何よりもステキshine

持って生まれた魅力にプラスして何かしらの努力もしないと

こうしたスタイルは保ってはいけないのだろうな。

年齢を重ねれば尚更…ですよね。

 

そっか…

まずはスナック菓子を食べながら鑑賞している自分を戒めていかないと!coldsweats02



W_3

ワーナー・ホーム・ビデオの作品担当者さんと。ある意味私たちも無敵です(笑)

| | コメント (0)

楽しい録音

Na_3
ディレクターさんの指示を忠実にイメトレ中。

最近パパになったディレクターさんの親バカ話に大笑いしながら

インフォマーシャルのナレ撮り。

「“しんなり”読んでな」

  …しんなり?

「あっ、でもな、その次の行は元気に読んでほしいねん」

イヤフォンから聞こえる思いつきなのか?の指示に笑いながら

今回も楽しく終了。

 

「これ持って帰り」

と、いきなりつぶあんパックをカバンから出されたときも大笑いして

原稿読んでるより笑っている時間のほうが長かったような…。

また次の録音が楽しみですhappy01

Na1
おいしかった!

| | コメント (1)

「劇場版HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)」

Hunter_3

「ゆず」が唄う主題歌もステキ!!

コミックス累計6000万部以上を発行している富樫義博さんの人気マンガ

「HUNTER×HUNTER」

これまで2回にわたってテレビアニメ化されているものの

劇場版になるのは連載15年目ではじめて!

それが 『劇場版HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ) 』

この日は試写会でしたので本編のみの上映となりましたが

12日から公開の作品では全国先着100万名様にコミックス0巻をプレゼント!

そしてそして、エンドロール後には重大発表が!!!!!

 

マンガファン、テレビアニメファンの方はもちろん、

初めて観る方にも十分楽しんでいただける作品となっています。

ぜひ劇場でHUNTER×HUNTERの世界を楽しんでいてくださいねhappy01

| | コメント (0)

「韓Fun」主催の試写会イベント!

Kan

心斎橋シネマートでは等身大のクォン・サンウがお出迎えっしてくれます♥

サンケイスポーツさんが発行する

日本初の韓国エンターテイメントの“今”を収録した週刊新聞 

「韓Fun」

ホットな韓流芸能人のインタビューや人気大物スターの近況詳報、

ブレーク必至の若手を意欲的に取り上げた記事や

現地メディアと提携した速報記事などなどファンにはたまらない見どころ満載ですhappy02 

 

そして今回、この新聞では伝えきれなかった

エンタメ情報や韓流スターのスケジュールなどをメールでお届けする

韓Fun無料メルマガ」もスタートし、

その記念と感謝を込めて、韓Fun主催で初の映画試写会が行われ

私は司会でお手伝いさせていただきましたhappy01

 

それが、クォン・サンウの記念すべき世界進出映画第一弾となった

7日間の恋人

ファンの間からは「涙の帝王」「純愛映画の王子」とも呼ばれているとあって

今回もたっぷりと哀愁を湛えつつ、ふたりの女性の間で揺れ動く男性を熱演しています。

で、ちゃんと肉体美も!!happy02

作品は現在、全国順次ロードショー公開中ですよ。

 

日本にいながら韓国を100%楽しめる「韓Fun」

毎週水曜日に発行されています。

週刊新聞ならではの情報がいっぱいですので

興味のある方はぜひチェックしてみてくださいねhappy01

| | コメント (0)

映画 「妖怪人間べム」

B1_4
迫力のアクション! 圧巻のVFX!! スケールアップしてます。

1968年放映のテレビアニメを、実写でリメイクした2012年のドラマ「妖怪人間べム

自分たちが人間になるよりも、人間を守って生きていくことを選び

最期は炎の中へ消えた3人…。bearing

皆さんごらんになっていましたか?

 

続きは映画で!…という終わり方ではなく

ドラマをきちんと完結させたかったという強い思いがあったそうで、

今回の映画化は「ファンの皆さんへの感謝を込めて」、

書き下ろし完全オリジナルストーリーでスクリーンに帰ってきました!!

 

映画では、人間愛に加え家族愛もテーマになっています。

彼らは人間に戻れるのか?

最後の決断ってなんなのか?

現在ロードショー公開中です!

ぜひ劇場で妖怪人間べム、べラ、ベロの最後の選択を見届けてくださいね。

| | コメント (0)

映画「アルゴ」が公開になりました!

Arugo_3

プロデューサーはショージ・クルーニーなんですよ

 
先日、試写会で司会をさせていただいた映画「アルゴ

主演のベン・アフレックが監督も務めています。

彼の監督3作目となるこの作品は

1979年にイランで起きた「アメリカ大使館人質事件」の映画化。

事実にとても忠実に描かれています。

なので、事件を知らない人でも

当時の事件を調べてしまえば顛末を知ることはできるのですが…

 

それはイカン!!!

 

もし知らないならもちろんそのまま観てほしい!

ハラハラドキドキ感に気がおかしくなりそうなほど。

で、事件を知ってる人もモチロン観てほしい!

事実の裏側を見てる感じでドキドキハラハラ感は変わりません。

私は観ながらずっと最後までまばたき忘れてた感じ。ホントそんな感じ。

 

イランでの実話と聞いて

“難しい政治映画しゃないの?”と思われる方もご安心ください!

とってもドラマチックでスリリングな、映画のような現実の映画ですhappy01

 

監督ベン・アフレックが特にこだわったのは「リアリティ」

エンドロールで流れる当時の実際の映像や登場人物の写真なども観ていただければ

そんな彼の想いもより感じることができるかも。

 

ウソみたいなホントの話。、

「アルゴ」は現在全国ロードショー公開中です!

 

 

| | コメント (0)

「第4回青空文庫朗読の輪コンテスト」が開催されました!

C78b686f_14
参加されたみなさん、お疲れさまでした!

4回目となった「青空文庫 朗読の輪コンテスト

今年の全国大会は東京で開催されました。

ファイナリスト32名の発表が行われ、

それぞれが物語の世界観を「朗読」で表現してもらいます。

私は審査委員としての参加だったので

みなさんの個性を楽しませていただくと同時に、

細やかな部分にまで意識を集中して聞いていたので

ものすごく体力を消耗しましたcoldsweats01

 

『表現する』ということは例えば数学の答えと違って

正解・不正解があるものではないので

順位をつけることはとても難しいものです。

私もアナウンサーとして“伝える”仕事をしていて感じますが

緊張に負けず普段のチカラを出すことは簡単ではないし、

練習を重ねたうえでたくさんの拍手をもらうのは

プロ・アマ関係なく嬉しいはずです!happy01

表現の仕方は違っても発表の場を目指して練習をすることは

やっぱり大切なんだなぁ、と実感しました。

 

来年の全国大会は京都の予定だそうですよ。

興味のある方は来年ぜひご参加ください! 

 詳しくはコチラ

| | コメント (0)

映画『デンジャラス・ラン』

“この人の作品だから…”

という理由で買う本や観る映画やドラマってありませんか?

先月末にお仕事でご紹介させて頂いた「デンジャラス・ラン

_d_5

主演はオスカー俳優デンゼル・ワシントン。

関係者用のプレスシートにも

<デンゼル作品にハズレなし!>

<スベらない男、デンゼル・ワシントン>

と書いてあります。

確かに「彼の出演する作品は観たい!」と思わせる俳優ですよね。

演じる役柄に常に知性や品性を感じるのも私だけでないはず confident

 

この作品では“極上の悪”を演じている彼。

ファイトシーンも吹き替えなしでおこなったそうです。

57歳になったデンゼル、まだまだ魅せてくれますlovely

 

誰が敵で誰が味方か、何が悪で何が正義か、

様々な想いや謎が交差しながら進んでくストーリー。

現在、劇場にて公開中です!happy01

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お仕事ですよ | ライダーミカ | 日々あれこれ